太陽光

太陽光|負担金の算出が遅い!!東電さんに電話で状況を聞いてみた!

更新日:

どーもー投資の力でアーリーリタイアを目指している。

私、とーても気が長いです。

だって、2018年10月に契約した茨城県の2案件の負担金が2020年12月現在で確定してなくてもへっちゃらなんですから。

そんな気が長くて、やさしいミドリムシなんですが、さすがに2021年4月中に連携しなければ!という焦りを抱えております。

理由は、決算が4月だからですね。最後に設備購入した年から3年間は免税事業者に戻れないというルールがありますので、今期中に連携しておきたいのです。

ということで、気が長くて、やさしくて、気さくなミドリムシは東電さんにTELして状況を聞いてみることにしたのでした。

今日は、その結果をお伝えします。

結論:電話したら何とか頑張っくれそうな回答がもらえました

東電さんにTELするには、設計番号なる番号を把握しておくと話が早いようです。

事前に、販社さんから設計番号を入手してTELしましょう。私の場合は「4AA」から始まる番号でした。

私が得たい結果は、設計完了の日&負担金が確定する日です。

作戦は、情に訴える。

以上

 

要は、困ってるから何とか早くしてーとお願いしてみるという作戦です。

恐らく、プリプリ怒る人が多いでしょうから逆に困っている人を助けたい!という感情に訴えて、東電職員さんの力を引き出そうという作戦です。

気が長くて、やさしくて、気さくで、クレバーなミドリムシらしい作戦です。

結果、「確約はできないが2020年12月設計が完了、2021年1月に負担金が確定できそうです」とのお話を頂けました。

正直、以前に販社の営業さん経由で状況を確認した際は、「11月設計完了」と聞いていたので12月末は本当かなぁという気持ちがありました。

しかしながら私もSEです。予定は未定です!わかってます。予定外のことが起こるってスケジュールが延びることなんてザラです。

いいーんです。延びても。

でも、何とか間に合わせようという気概が欲しいわけです。

なのでもう一度、私の困り具合をお伝えしました。「2021年4月に連携しないと事業計画が狂います。ほんとにギリギリなんですー」と。

その結果、電話口の担当者さんから「現場に申し伝えることはできるので私もできる限りのことはします。」と協力を取り付けることがでいました。

後は信じるのみ!カネ〇カさん、お願いしますよー

 

私のように、約2年も案件が動かない方はいるのでしょうか?

そんな方は、TELにて状況を確認してみると前に進むかもしれません。

参考になればうれしいです。

気が長くて、やさしくて、気さくで、クレバーだけど、くどいミドリムシがお伝えしました。

ではまた!

GoogleAdsense

GoogleAdsense

-太陽光
-

Copyright© 投資の話をしよう , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.