投資の話をしよう

- 投資の力でアーリーリタイアを目指す -

投資全般

つみたてNISAはしていないけど、ウェルスナビで投資している!?224万円損するけどいいのか?

更新日:

ネットを徘徊していると、こんな記事を見つけました。

こんにちは、私は35歳のサラリーマンです。金融知識など全くなく、現在、とりあえずウェルスナビにて毎月3万円積立しております。物欲もないのですが、独身でもう少し余裕があるので、お金を貯金して眠らせておくのももったいないかなと思いまして、楽天証券において、つみたてNisaを始めようと思っています。

衝撃を受けました!

謙遜かもしれませんが金融知識が全くないという若者が、ウェルスナビで毎月3万円の積み立て投資をできるという衝撃です。いい時代です!!

ネットと優良なサービスが普及していて、投資が身近なものになっているんですね。うらやましいです。

先日、40年間月3万円の積立投資を続けると約5,750万円になるという記事を書いたばかりです。

投資は若い時に始めたほうがよい!は、事実なのか考えてみた

60歳まで毎月3万円を積み立て投資したら、いくらになるか? 得意の皮算用してみます。 条件は次の通りです。 条件 年率6%で運用 税金は考えない 20歳から投資を始めた場合と、30歳から始めた場合とを ...

続きを見る

既に金融知識が全くないという若い人が、何となくで優良な金融商品にアクセスできる時代です。素晴らしい!

でも順番が違いませんか

税金というコストを考えればNISAを活用するのは必然

節税は投資の基本なので、できる投資家はみんなNISAを活用しています。

毎月3万円の積立投資をするなら、まずはつみたてNISAです。

サラリーマンが投資をするなら非課税枠を活用することが先決です。投資のリターンに目を向けがちなんですが、誰がやっても結果が変わらない再現性の高い投資を行う場合に差がでるのはコストの部分です。そして、一番高いコストは税金となります。

ということで、得意の皮算用をしてみましょう。

つみたてNISAは20年間非課税です。投資する商品は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」でシミュレーションします。
「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は、VTIというETFに投資をする商品です。

VTIの過去15年の平均リターンは8.4%となります。安心と信頼の実績VTIですね。

引用:みんなのインデックス ※201947日時点

 

シミュレーション結果

20年で720万円を投資して、1,842万円になるという計算です。

ですが、つみたてNISAを活用しなかった場合は利益に対して税金がかかります。

今は約20%の税金がかかりますから
(1,842万円 - 720万円 ) × 20% = 約224万円

20年後に224万円の税金を払わない方法があるとしたら、どうしますか?

使いますよね!!

ということで、つみたてNISAを利用しない理由がないです。ぜひ、活用してください。

1%の手数料についても考える

ちなみに、ウェルスナビでは預かり資産の1%を手数料として支払う必要があるので224万円も税金で取られないので安心してください。

前述のシミュレーションでの平均リターンが8.4%→7.4%となったとして計算すると、720万円を投資して、1,603万円になるという結果になります。

(1,603万円 - 720万円 ) × 20% = 約176万円

聡明な皆さんなら、何をすべきかおわかりですね!
他人の財布を膨らますために投資をしないでください。

最後に

ウェルスナビはとてもいいサービスです。長期投資を手間をかけずにできる点と、その投資先も長期投資するに値する投資先であり安心して利用できるサービスです。

つみたてNISAは年額40万円までという枠が決まっています。もっと余裕がある人はウェルスナビのようなサービスを活用して上手に自分の資産を運用していただきたいです。

今回の記事では、まずは非課税枠を有効活用してから他の投資を考えましょうということをお伝えするために「ウェルスナビ」というサービスを1例に使用させていただきました。

ありがとうございました。

GoogleAdsense

GoogleAdsense

-投資全般
-

Copyright© 投資の話をしよう , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.