投資全般

株式投資|ジュニアNISAのMyポートフォリオの成績発表!2020年は+8.6%で落着!!2021年の作戦も考えました

更新日:

どうもー投資の力でアーリーリタイアを目指している、ミドリムシです。

2020年末ということで、2020年から始めたジュニアNISAの成績を発表します。

私のポートフォリオについては、こちらの記事を参考にしてください。

株|ジュニアNISAのポートフォリオ決定!守りもながら資産の最大化を狙う!!おすすめ銘柄と比率をご紹介

どうもー投資の力でアーリーリタイアを目指しているミドリムシです!! 先日、制度廃止に伴い利用価値が出てきたジュニアNISAについて紹介しました。 ミドリムシも無事開設が完了しまして、さてどのようなポー ...

続きを見る

本日は、このポートフォリオで運用した結果どうなったのかという結果発表です。

最後に2021年の作戦も考えましたので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

結論:Myポートフォリオは、2020年+8.6%で落着!

+69,136円(+8.6%)という好成績で終えることができました。

株式投資の平均リターンが5%~6.9%ですから、上出来でしょう。まぁ、今年はよかったというだけですね。

リターンの詳細は次の通りです。

マネーフォワードの画面を共有いたします。

※画面は娘の口座です。息子の口座でも同様のポートフォリオで運用していますが、数百の差なので割愛します。

 

2021年のジュニアNISAポートフォリオは「2568」を組み入れる

さて、上出来の2020年でしたが2021年も継続いくかというと何か変えたくなっちゃうのがミドリムシです。

何を変えたいかというと、ドル建て銘柄の比率です。

ドル建て銘柄の比率が高いと、分配金もドルで受け取りますからNISA口座内のドルが再投資しきれずに中途半端にあまるのが気になるのです。

円建て銘柄に切り替えれば、投資信託は1円単位で購入できるので余すことなく再投資可能です。

ということで、2020年はVTI、VGT、TLTの3銘柄で構成したポートフォリオを次のように変えます。

  1. VTI → SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド(投資信託に変更)
  2. VGT → 2568 (上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし)
  3. TLT → TLT (継続)

①、②は東証で購入可能なので日中に取引可能です。

これも一つメリットですね。

デメリットは、リバランスがやりにくくなることでしょうか。

とはいっても、3銘柄の対応関係がはっきりしているので問題ないですね。

2021年は、この3銘柄で進めていきます!!

では、また!

GoogleAdsense

GoogleAdsense

-投資全般
-

Copyright© 投資の話をしよう , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.