投資の話をしよう

- 投資の力でアーリーリタイアを目指す -

太陽光

太陽光|融資|新設法人の創業計画書!何を書いたか公開します

更新日:

サラリーマンが法人設立して日本政策金融公庫に融資の相談をしました。結果、1.07%の金利で1600万の融資を引き出すことに成功しました。

公庫に融資を申し込む際に必要となる創業計画ですが、書き始めようとする手が止まるという経験をしました。ということで、ブログで何を書いたか公開します。

これから太陽光投資をする人の参考になればと思います。

1.創業の動機

以下の内容で文章を組み立てました。

  • 震災の影響で日本の電力事業に興味をもった
  • クリーンエネルギーへの関心が高まった
  • FIT法の後押しで事業化の見込みが立った
  • エネルギーの安定供給に貢献したい

 

2.経営者の経歴

〇年〇月 xx大学xxx学部卒業

〇年〇月 xxx株式会社 入社

◆担当業務:xxx ◆役職:xxx

◆主な実績:xxxプロジェクトでxx賞を受賞。

 

3.取扱商品・サービス

取扱商品・サービスの内容

太陽光発電 売上シェア100%

セールスポイント

以下の内容を書きました。

  • FIT法で買取価格が固定されていること
  • 単価が18円であること
  • 災害補償、定期点検、施工保証が含まれていること

販売ターゲット・販売戦略

以下の内容を書きました。

  • FIT法により買い手が決まっていること
  • 自然災害のリスクは保険で転嫁すること

競合・市場など企業を取り巻く状況

「R100」を例に再生可能エネルギーの需要は高まっていくという内容を書きました。

 

4.取引先・取引関係等

販売先:東京電力株式会社 100%

 

5.従業員

常勤役員:1名

 

6.お借入れの状況

個人の住宅ローンを書きかました。

 

7.必要な資金と調達方法

必要な資金:2,000万円 (設備費一式〇〇円、東京電力工事負担金〇〇円、土地〇〇円)

自己資金:400万円

日本政策金融公庫からの借入:1,600万円

 

8.事業の見通し(月平均)

「※事業の見通しについては、別紙「20年間の事業シミュレーション」をご参照ください」として、業者のシミュレーションにローン返済、保険、メンテ費、消費税還付金などを盛り込んだ別紙を用意しました。

 

9.自由記述欄

「・個人資産の状況については別紙をご参照ください」として、個人の金融資産状況を説明する別紙を要しました。

 

参考書籍

文章の組み立てや、公庫の融資の流れ、面談の様子などが参考になった書籍です。amazonの評価も高く、みなさん購入しているみたいですね。要チェックです。

特に文章の書きっぷりは参考になります。どのような文章校正で何を書けばいいのか、迷ったらこの本を参考にしました。

GoogleAdsense

GoogleAdsense

-太陽光
-

Copyright© 投資の話をしよう , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.